スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン、気になる色


先日、神楽坂のラ・ロンダジルさんで開かれていた村瀬可衣さんの個展、
「ステンドグラスのある暮らし」に行ってきました。

カメラを忘れてしまって写真が一枚もないのですが、とっても素敵でした~。
二度伺ったのですが、一度目は仕事後の夜。
ステンドグラスたちがとっても幻想的で本当にきれいで・・・。

村瀬さんのステンドグラスにはもう一年以上憧れていて、
いつか買う!と決めていました。
去年の個展は逃してしまったので、今年初めて作家さんご本人にもお会いしました。
私よりずっと年上ですが、小柄で可愛らしい方でした♪



ずっと「これ」と心に留めていたのは、「星」という名前のついた小さな星型のランプ。
ですが、悩んだ挙句、違うものをオーダーさせてもらいました。
私にはちょっと冒険の、しっかりしたグリーン。
その名も「メロンゼリー」。
シンプルで、少し可愛くて、小さな小さなあかり。

一ヶ月くらいで出来上がるそうです。
つける場所ももう決めてあります。
本当に楽しみ☆☆



DSC01947+(2)_convert_20110903201759 (2)



こちらは、千鳥さんで購入した大沼道行さんのそば猪口。
ブログで紹介されていたのを見た時から気になっていたもの*
薄い黄色の磁器に、織部の緑がすごーーく心惹かれます。

買ってから調べてみて知ったのですが、このドット模様、
「メリー」という名前の付いた人気シリーズのようです。
作家さんの器というと陶器ばかり持っていますが、
磁器も扱いやすくて、品があって、いいな♪♪


「グリーン」、最近気になる色みたい。


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

木とガラスのキャニスター


DSC01878+(2)_convert_20110723193432 (2)



西山芳浩・古橋治人 二人展で購入したキャニスター。
シリアル入れにしよう!と思い描いて買いました。

想像通りの可愛さに毎日ウキウキしながら使っています。
もっと細長く、一回り小さくてつまみがついたものもあったのですが
(つまみが付いていると四割り増しで可愛くみえませんか?w)、
使い道が思い浮かばなかったので迷った末、こちらを買いました。



DSC01879+(2)_convert_20110723193515 (2)



いつも小さな木のスプーンでうつわによそっていたのですが、
大きなスプーンも購入。



DSC01880+(2)_convert_20110723193555 (2)



これですくうのもかなり楽になりました♪ 笑


シリアルはフルーツアンドナッツミューズリー。
これが名前のとおりフルーツやナッツが贅沢に入っていてなかなか気に入っています*

日本人なので毎日これだと元気が出ませんが、手軽に栄養も採れるのでいいですね!
豆乳をかけて食べるのがお気に入りです。


当初、湿気をかなり心配していたのですが、
よく考えたらシリアルって湿らせて食べるものだしまったく気になりません 笑
ご参考までに(?)。



============================================



こちらの二人展、うっかりしていて伺うのが会期後半になってしまったのですが、
とても素敵な作品が多かったと思います。

西山さんのガラスも厚すぎず薄すぎず、
ツンとしてもいないけれどやぼったすぎず好きな雰囲気でしたし、
古橋さんの木のものも
ディティールがどこかウェスタン且つクラシックでとっても好みでした。
このスプーン(本当は茶さじ)も、柄の部分がチェスの駒みたいじゃないですか?^^

共通するのは上品な雰囲気。
千鳥さんのもの全体に共通する雰囲気かもしれません。


できればあと一回行きたかったです 笑

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


小鹿田焼etc...


7月21日・22日と二連休だったので、ここぞとばかりにいろいろな雑貨屋さんを巡ってきました!

<7月21日>
千鳥→La Ronde d'Argile→jokogumo→新宿伊勢丹→boil


千鳥さんでは『西山芳浩・古橋治人 二人展』を。
La Ronde d'Argileさんでは『あひろ屋 手ぬぐい店』を。
伊勢丹では『そばちょこ・さけちょこ・風鈴展』を。
・・・と思ったら。


伊勢丹で『そばちょこ~~展』どこですか?と聞いても店員さんが誰ひとり知らない。
何で!と半ば呆れていたら、なんとこれ、昨年の展示会でした。。
むしろどうやって昨年の情報をゲットしたのかと言いますと、
ネットで風鈴について調べていたら見つけたんです 泣
昨年の展示会を私は半月も楽しみにし、勇んで初日に行ったのです。
皆様もそんなまぬけにお気をつけくださいね(T_T) あ、私だけか。。



<7月22日>
SML→Ekoca→Farmer's Table


SMLさんでは『小石原と小鹿田の日用雑貨』を。
Ekocaさんでは河上智美さんの『夏のガラス展』を。



二日間の戦利品はこちらです。
(プレゼントも入れたらもっとたくさん買いました 汗)

どれだけ木とガラスが好きなのでしょう私。



DSC01882+(2)_convert_20110723193634 (2)



中でも一番気に入ったのはこちら。



DSC01883+(2)_convert_20110723193712 (2)



小鹿田焼の大皿です。
小鹿田焼は数ヶ月前から欲しいなと思っていて、長野に行った時にも小さな壷を買おうかどうか迷った挙句
「蓋モノたくさん持ってるしな」と買わずに帰ってきたのでした。
今回、小鹿田と小石原(初見でした)が同時に見られるというので初めて伺ったSMLさん。
もう会期も終わりに近かったのですが、まだまだいろいろな焼き物がありました。

普段は割と小さなうつわをちまちま買うのですが、今回は一発で大皿に惹かれてしまいました。
私にしては即決!だったと思います。
こんなに大きくても4,000円。民芸品ってそういう意味でもいいですね^^

そして、端整な、という形容詞からは程遠いのだけれど、でもうっとりするぐらい美しいです。
お料理を盛ったらまた映えるんだろうな。


おまけで小鹿田焼クッキーも頂いてしまいました^^♪
ちゃんと周りに飛びカンナの柄が入っているんですよ。可愛い(>_<)



またがんばって働こう~!と思った、楽しい買い物三昧の二日間でした 笑


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


余宮隆展


少し前の話になってしまいましたが・・・余宮隆展のレポートです。

何ヶ月も前から楽しみにしていた千鳥さんでの余宮隆展(3月5日~21日)。
初日は用事があったので、2日目の朝一番でTamaちゃんと乗り込む・・・つもりが。

張り切りすぎた?私は、自分で「水道橋西口に10時50分ね!!」と言っておきながら
一つ手前の飯田橋で降り「あれ?ちょっと(というか後から考えれば全然)風景が違うな~」と思いながらも
なかなか来ないTamaちゃんに(当たり前)、「どこにいる!?」と電話。
それでも1分くらい自分が飯田橋にいると気づきませんでした(-_-;


=======================================================


気を取り直して11時2分くらいに着いた千鳥さんには、
もう5人程お客さんがいらっしゃいました。

千鳥さんはどちらかと言うと大人っぽく渋いうつわを置かれています。
今回の個展も、渋めのものが多かったです。

大人気のリム皿は、初日の早い時間にはもう売り切れてしまったそう!
存在感があり、でも日常使いもできて、素敵ですもんね~。
私も6寸のものを2枚だけ持っていましたが、1枚は地震で割れてしまいました。




私が購入したのはこちら。
スープマグ。


DSC01447+(2)_convert_20110310173756 (2)


前回の記事の写真のものです。
これはもう、買ってよかった~!毎日使っています。
Tamaちゃんは飴釉のものを買っていました*




写真右の飴釉のマグカップ。


DSC01448+(2)_convert_20110310173841 (2)


ドットの方は以前から自分用に持っていて(こちらも余宮さんの作品です)
夫にも専用のマグカップを、と考えていました。
たっぷり入って、面倒くさがりの彼用にあまりシミの気にならない色のもの。。
今回このマグが販売されると知り、これは買う!と決めていました。
これでオールシーズン、スターバックスのクリスマスのマグを使うのをやめてくれますように。。(-_-)

とは言え、今までわが家にはなかった雰囲気の飴釉は私自身が気に入ってしまっていて、
自分もけっこうこれで飲み物を飲んでいます(^^)




菊の花の鉢。


DSC01462+(2)_convert_20110321004300 (2)


大物にはなかなか手が出せないのですが(ドキドキしちゃって。。)
個展ということで大きな作品との出会いがあれば連れて帰ろう、という気持ちでいました。


DSC01463+(2)_convert_20110321004345 (2)


お料理を盛るのが楽しみです♪
(これに見合うお料理が作れるのかは甚だ心配です。。)




やっぱり余宮さんの作品、素敵です。
お皿一枚一枚、カップ一つひとつに存在感があると思うんです。
一番好きな作家さんです。


お気に入りの食器を収納している棚にも余宮さんの作品が自然と増えてきました。


DSC01446+(2)_convert_20110310173716 (2)


ちなみに写真の下の方に写っているお気に入りだった白いティーポットは
地震で持ち手がぽっきりといってしまいました。。
普段使いの茶色のティーポットも同様です。
ティーポットは突起が多いので、外に出しておくとだめですね。。
今まで3つあったわが家のティーポットのうち、完全に元気な子は一人もいません(;_;)


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村



土のもの


おとといの夜、うっかりこの林さとみさんのポットの口を欠けさせてしまいました(T_T)
ポットを持ってくるっと振り向いた時に口が壁にあたりガシャン・・・。

つまみが木のような雰囲気の陶器で、お気に入りだったのに。。
まだ実質4回ぐらいしか使っていなかったのに。。(T_T)



DSC01346+(2)_convert_20110223220204 (2)



当たり前なのですが、やっぱり土のものって割れやすいんですよね。
お気に入りで買った作家さんのどんぶりも2週間ぐらいで割ってしまったことがあります。
磁器は滅多に割らないのに。
陶器を使うと、自分がいかに乱暴者かと思い知ります 笑

ずっと陶器を使い続けていれば
自然と丁寧に、女声らしい仕草で食器を扱えるようになりそうな気がします。。


しかも、金継ぎって本当に高いんですね。
もう一個買えちゃうお値段!これは無理だあ(;_;)
かと言ってポットの口だから、自己流で接着剤なんか使うと有害そうだし、
しばらくこのままにしておきます。


でもこれで土のものに懲りるわけでもなく、
来月千鳥さんで開催される余宮隆さんの個展が楽しみで
最近は雑貨屋さんにもぐっと我慢して行かないようにしている私です(^^;
ふふ♪♪



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。